昨日に引き続き「守護天使ってなぁに?」です。

私にも守護天使はいる?

はい、守護天使はどなたにでもいます。

私の師であるドリーン・バーチュー博士

人間1人につき最低2人の守護天使がいると言っています。

 

全ての人に守護天使が2人いるの?

守護天使は最低2人と書きました。

ということは、2人以上の守護天使がいる人も存在するということです。

数が違うのは、その方の魂の属性が違うからです。

これについては、また後ほど書きますね。

 

オーダーしよう

昨日も書きましたが、天使は人間からのオーダーがなければ、

勝手に助けてくれることはありません。

天使が好き勝手に助けちゃうと、

「学びの場として地上に生まれてきてるのに

学ばずに終わってしまうから」です。

だから、助けて欲しいことはきちんとオーダーしましょうね。

オーダーしないと守護天使たちはあなたの側で

「暇だな〜。何かオーダーして〜」と思っているかもしれませんよ。

守護天使

 

どんな願いでも構いません

人を妬んだり、恨んだり、そういったネガティブなもの以外であれば

どんな願いでも大丈夫ですよ。

「あ、電車に乗り遅れちゃう!助けて!!」

というようなお願いも大丈夫なのです。

精神世界では願いは全て平等に扱われます

「大きな願い」や「小さな願い」という観念は

私たち人間が勝手に思っているだけなのですよ。

マシュマロ

願いが叶わない時もあります

それはその願いがあなたにとって必要なものではない時

あるいは、タイミングがあっていない時などです。

叶わない時はそれなりの意味があるので、怒らないでくださいね。

 

今日も素敵な1日を!!

守護天使

 

コメントを残す

Post Navigation